2016/11/01 イベント報告
第20回如是姫まつり

 10月14日㈰、第20回如是姫まつりが行われました。
 今回は第20回の記念として、善光寺大勧進 小堀光雄副住職と善光寺大本願 鷹司誓栄副住職のお2人を御導師にお迎えし、顕彰式典を執り行いました。
 昭和25年第1回を開催し13年間行われましたが途中中断し、昭和9年「市政100年」「如是姫像が善光寺境内に建立されて90年」「如是姫像が長野駅前に移設されて50年」の3つを記念して復活し、本年は節目の20回を迎えました。
 稚児行列には市内外から22名の参加があり、かるかや山西光寺から長野駅前広場まで善光寺式衆18名を含め80名の行列で練り歩きました。
 本年は新たに稚児行列の前段で長野クリスタルバトンの52名の皆様によりパレードを北石堂町から長野駅前広場までの間、行いました。
 顕彰式典後は駅前広場でオフィシャルプログラムとして長野県警察音楽隊・カラーガード隊による演奏と演技が行われ、通行者に犯罪防止PRのチラシと子供達には風船が配られました。
 恒例となった「如是姫まつり協賛セール」のくじびきが駅前広場で同時開催されました。
 パルセイロレディース池崎愛選手、望月ありさ選手の2名が出席し、ジャンケン大会・サイン会が行われ、大勢のファンが選手とふれあい楽しんでいただきました。

    TOP